Comfo Garden Clinic コンフォガーデンクリニック

アクセス

Visiter Clinic img

私たち曙光会は、住み慣れた自宅や地域で、少しでも長く生活して頂くことを支援することを理念として活動を行なっております。そのため、平成10年の開設当初より、外来診療はもとより訪問診療、訪問リハビリテーションを積極的に行ってまいりました。おかげさまで地域の病院や診療所の先生方、医療相談員の方々、訪問看護ステーションの看護師やケアマネージャー様のご理解とご支援を頂きまして、今までに数多くの患者様のお手伝いをさせて頂くことが出来ました。

私たちは、患者様がご自宅で少しでも長く時間を過ごしていただけるように、医療技術の研鑽を常に心がけております。そこで、特に重点的に取り組んでいることがいくつか挙げられます。
   1つ目はリハビリテーションの充実です。患者様のADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)が向上するためにはリハビリテーションが不可欠であると考えています。私たちは訪問リハビリテーションを開設当初から積極的に行なってまいりましたが、さらにリハビリテーションの場を広げようと、平成15年6月から要支援及び要介護者の方々を対象としたデイケアセンター(通所リハビリ)を開設いたしました。
   2つ目は緩和ケアの充実です。介護保険が広まるとともに、自宅で最後を迎えたいという希望を持たれる患者様も増えてきました。私たちもそのような患者様に訪問診療を行っておりますが、その際に必要となるのが緩和医療(苦痛を取り除き、安らかに過ごすことが出来るようにする医療)です。
私たちは緩和医療の技術を研鑽すると共に、地域の緩和医療の専門の医師とも協力して、ご自宅で最後まで安らかに生活していただけるようにお手伝いさせていただいております。
   3つ目は認知症高齢者ケアです。今後認知症患者数は増えていくと指摘されております。
実際私たちの診療でも認知症の患者様は増加しております。認知症は進行性の疾患であり、進行に伴う問題行動により介護者が疲労困憊してしまうことが少なくありません。私たちは認知症の患者様に適切な医療を提供すると共に、平成22年4月1日より認知症デイサービスを開設し、ご家族の負担軽減を図り、認知症患者様に穏やかな環境で過ごしていただけるように工夫しております。
   4つ目は予防医療の実践です。平成20年にはメタボ健診も導入され生活習慣病への意識も高まってきました。生活習慣病の予防・改善には運動や食事が大事であるという認識は高まってきていますが、実際に実践できる場所は限られています。私たちは平成22年4月1日にコンフォメディフィットを立ち上げ、一人一人の状態に合わせた運動プロググラムを作成し、健康的な生活習慣を手に入れることができるよう支援しております。
   その他、私たちは平成22年4月1日に小規模多機能施設を開設いたしました。小規模多機能施設とは、日中の通所介護や緊急時の訪問介護、短期宿泊などの複数の介護サービスを行なう小規模施設です。介護を必要とされる方が住みなれた自宅や地域を離れずに生活できるように支援することが目的となっております。人は誰しもが住み慣れた環境で生活したいと願うものです。それが疾患や介護状況などで制限されることなく、少しでも長い時間、生活していただけるように私たちは地域の皆様と協力し、支援していきたいと考えております。私たち曙光会は常に知識や技術の研鑽を行い、地域の方々のご期待に応えることができる医療施設であることを目指しております。
これからも皆様のご指導、ご鞭撻を頂けますようお願い申し上げます。