SHOKOUKAI 医療法人社団曙光会

曙光会の役割

高齢化社会の到来とともその必要性がますます高まる在宅医療は、その学際的歴史も浅く、まさに21世紀の医療ともいえます。現在、在宅医療に積極的に取り組んでいる病院・診療所も、まだまだ充分とはいえません。在宅医療を継続するためには、これまでのシステム以上に人的、社会的連携が不可欠となり、そのためにより多くの人材が求められることとなりましょう。在宅医療が長期的に安定し継続できるためには、医療・福祉・行政と患者や介護家族を結ぶ大きなシステム的サポート体制が必要となります。

また在宅医療には、診療以外にも連携・連絡・調整といった多くの業務が付加されることも特徴の一つです。医療者が経験だけでなく学術的に判断が下せるよう、在宅医療の研究と集積を行い、ひとりでも多くの医療者が在宅医療に関わってもらえるような環境を作ることも重要な役務であると考えます。曙光会では、在宅医療の標準化・一般化を試み、より良い医療の実現を目指します。